L2ぶらら

気侭に興したL2日記

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
うわ,ちっちゃいこと見つけた!
050430とったどぉ!
凄く久しぶりの「L2が種」カテゴリ。
今日はサイコロ。

何気なく見たこのページを見て,もしやと思いワールドに確認しに行きました。
頭に浮かぶ,あの言葉にそぐわないことに気づきました。
「一天地六,南三北四,東五西ニ」

ああ,ちっちゃいなぁ俺。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(種補足)
サイコロ・ダイス・賽などで呼ばれる この道具。今でこそ乱数発生器としての肩書きですが,始まりはゲームに使われたんでしょう。歴史的には紀元前3000年以上遡るらしく,エジプト・インダス・中国にはサイコロがあった模様(一部物証は無い)。
大体は両面を足すと7になったが,インダスのものだけは1の裏が2、3の裏が4とのこと。しかし,リネのサイコロはこれにも合致しませんでした。
| 20:48 | 01:L2が種 | comments(0) | trackbacks(0) |
アンヘルの滝
アンヘルの滝って何のこと?ググって見ました。
実際にヒットします。そこに面白いことが書いてありました。

1.「アンヘル」とはスペイン読みで、英語読みだと「エンジェル」となるらしい
2.ギアナ高地には実際にあるらしい

ちょっとだけ感心したので、WEBのTopをアンヘルの滝に書き換えてみました。
| 09:05 | 01:L2が種 | comments(2) | trackbacks(0) |
矢の持ち方について
このカテゴリー(01:L2が種)はL2やってて、ふと思ったことを少しだけ調べて覚え書きにしておくために使います。

今回は「矢の持ち方」
弓士をやってて、長弓・短弓の言葉をL2で初めて聞いたので、インターネットで見てみることに。結果、ザクッと言うと弓道の弓は長弓、アーチェリーが短弓となんのひねりも無い落ちだった。
悔しいので、もう少し見てみると、西洋に短弓が多く、長弓は世界的にもあまり無いことが分かった。
更に読み進むと、矢の持ち方には種別があるそうな・・・。

なかなか、面白い。ではL2のNaomichiはどのタイプに当てはまるか、写真をとってみました。






特徴は、矢尻をつまんでいないこと。
これをもとに、先ほどのサイトと見比べると、説明文と合いそうなのは「蒙古型射法」と言うことになりそうです。
少し、弓のことを知った1日です。
| 01:54 | 01:L2が種 | comments(3) | trackbacks(0) |
| 1/1 |